タコストーブ再生プロジェクト

平成25年3月に昭和7年から鋳物ストーブや鋳物製品を長年製造されてきた株式会社相原鋳物製所さんが惜しまれつつ廃業されました。

昔ながらの生砂(なまずな)を使って鋳物ストーブを製作するのは、国内でも大変めずらしくとても高度な技術を要する製法で造られていました。

函館に置ける鋳物ストーブの歴史は幕末に始まります。

安政3年(1856)箱館奉行所は当時函館港に停泊中のイギリス船で使用していた鋳物製のストーブを参考にして函館の鋳物職人の源吉さんに依頼して日本で最初の鋳物ストーブを6台製作いたしました。(重量約86Kg)

現在、函館市末広町の高田屋嘉兵衛資料館にてレプリカが展示されております。

リンク⇒函館市公式観光情報-日本最古のストーブ-

レプリカの製作は相原鋳物さんが鋳造して木型の製作は私の師匠の

故中村国広さんが製作したものです。

 

私は、過去の歴史をも考え函館から栄えていった鋳物ストーブの火を消してはいけないと思い相原鋳物さんの鋳物工場解体作業中に何点かのストーブの木型を見つけ譲り受けました。

鋳物ストーブの博物館が出来るくらいの量の木型や金型が処分されてしまい残念でしたが

数種類の救い出したストーブの木型を修理してまた皆様に見ていただけたらと思い

タコストーブ再生プロジェクトをはじめることとなりました。

タコストーブは国鉄ストーブとかダルマストーブとか名称は様々だったようですが

丸くって小さいとても可愛いめずらしいストーブです。                       

球体部分の木型は恐らく昭和20年代当時のものでしょう。
まずはオリジナル重視でレストアしていきたいと思いますので
図面も当時のものが有るので寸法がとても正確に再現できるでしょう。

当時の木型を確認した所欠品しているのは空気調節の円盤状の部品が1点

無いので図面と函館に現存しているタコストーブを参考に木型を復元。

本業の木型製作の合間のレストア作業なので思うように進行しないと思いますが

ブログで紹介させていただきます。

鋳物の鋳造に関しては函館で鋳物に関して100年以上の歴史がある村瀬鉄工所様に

お願いすることになりました。

村瀬さんは現在鋳鉄管を主に製造していますが昔は相原さん同様に鋳物の

ストーブも製造してました、これらのストーブ製造に関しては現在の

製造ラインからは外れるのと木型が昔のままの状態で使用するので

一つずつ手作りで鋳造して頂いております。(オールHakodate)

ジンギスカン鍋「蟻の火ふき」も同様で、とても丁寧な仕事をして頂いてます。

このプロジェクトを通してビンテージストーブの魅力を感じていただけたらと思います。 

販売も始めましたのでショッピングのほうでもご案内しております。

 

 

                                                                                                                 in English

 

 

2013年2月25日の北海道新聞に、大正時代の3等列車客車内のタコストーブの役割が載っている記事です。

その当時の人々が重宝し、タコストーブが親しまれていた様子がうかがいしれます。

タコストーブの木型レストア

かなり痛んでいますが木型はレストア可能です。
かなり痛んでいますが木型はレストア可能です。

新穂栄蔵さん著の「ストーブ博物館」によると、このストーブは、明治13年に開拓号(アメリカ製客車)にアメリカ製の石炭ストーブが使われたのが最初のようですが、その後、国内で生産された小さくて可愛い形の珍しい石炭ストーブです。タコストーブ・だるまストーブ・地球型ストーブ・ほおずきストーブなどいろんな呼び名があるようです。

トレインストーブ

球の頭に3本の角がないタイプは後期モデルです。
球の頭に3本の角がないタイプは後期モデルです。

 

出来上がるとこんなにかわいいストーブなんです。
燃焼部分の直径は30センチの小ささです。
ペレットやオガタンなど燃料に使えば街中でも使用できそうですね。

中子取り(なかごとり)のロウ落とし

厚い所は3ミリほどロウが塗っています。製品の球体の肉厚の調整をロウでした様です。
厚い所は3ミリほどロウが塗っています。製品の球体の肉厚の調整をロウでした様です。

 

球体の中身は、中子取り(なかごとり)といいます。

中子取リの内部は一面ロウが塗ってありますので 全て除去します。

昔は、面付けや補修する為にロウや石膏が 使われてきましたが、修理するときこのロウが厄介で 接着剤や塗料、パテなどが着かないので、全てきれいに 落さなければなりません。

 

くるくる

「くるくる」がひどく破損していたので、木型を作ります

ちなみにくるくるって空気調節の蓋のことです。

  1. 厚さが10ミリのベニ松から製作だいたいの寸法で切り抜きます
  2. 木工旋盤にセットして図面の寸法どうりに切削加工していきます。加工の順番を間違えないようにしていきます
  3. 旋盤からはずしたら細かい所をサンドペーパーで仕上げます
  4. 出来たらクリヤーのラッカー塗装をして出来上がり

球体の木型

表面の銀色の離型剤を軽く落として見ました・・・・やっぱりって感じでした。
表面の銀色の離型剤を軽く落として見ました・・やっぱりって感じでした。

木型の表面の状態はゆがみもあり、悪い状態で寸法もかなりくるっています。

木型の材質は桂の木を使用しています。

中のほうまでは変質はないようですが、ビンテージストーブの復活までは少し時間がかかりそうです。

 

最終のチェック

タコの頭であるこの燃焼部分!
タコの頭であるこの燃焼部分!

 

全てのパーツを念入りチェックします。  

 

タコの頭以外の全てのパーツは、鋳物工場にて生産できます。

とにかく当時のままの姿に再生させていく作業を続けていきます。

完成まで もうすぐです!

 


灰箱

灰箱
灰箱

鋳造し終わった部品です。

当時の木型を使って忠実に再生しました。

灰箱・くるくる・風戸・ロストル・蓋

頭の部分は、もう少しかかりそうです。

耐熱塗装した灰箱
耐熱塗装した灰箱

外型

 

タコの頭を静かに分解しました。当時は「ニカワ」を使用していました。

 

きれいに落とし木工用ボンドで貼り合わせます。

表面に塗っていた蝋がなかなか落ちず、溶剤(アセトン)などにタワシを浸しゴシゴシこすりました。その後、ポリパテを塗り固まったらサンドペーパーで球面を仕上げます。この作業も繰り返し4回ほどやって仕上げていきます。

 木型用離型塗料を塗り、型を合せてみました。ここにきて、煙突のサイズが現在の一般的な寸法と異なることが判明しました。3寸3分だったのです。現在はホームセンターなどでは3寸5分が一般的です。なので、特別注文でアダプター煙突を特注することに致しました。


続いています。

どうぞ次のページヘおすすみください!

コチラ  ⇒  タコストーブ再生つづき

オンラインショップ
オンラインショップ

ホームページ

 

TEL  :  0138-55-1002

FAX  :  0138-32‐7882

E-mail 

   uenoyamagicou@yahoo.co.jp

営業時間

    8:00 ~19:00 (月~土)

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

お待ちしております。

 

〒041-0833

  北海道函館市陣川町86-33

お気に入りブログ・HPリンク先

㈱マルゼンシステムズさん(函館市)

 (総合ビルメンテナンス・清掃・警備)

 

㈱蝦夷貿易さん

  (イカール星人グッズはこちら)

豆電球さん (雨竜町)

  (リサイクルショップ&木工房)

 

petite fleur さん(金森洋物館内)

  (雑貨・アクセサリー・人気土産品の販売店)

タコストーブ、ただいまオンラインショップで販売中!!

 

2013年10月の受注開始以来、全国から多くのお客様よりご注文をいただいております。

心より御礼申し上げます。ありがとうございます。

尚、こちらのタコストーブ(ダルマストーブ)は受注生産の商品となっておりますのでお時間を頂戴しております。

    

本体価格135,000円(税別)

送料は都度お見積りいたします。