蟻の火ふき(五稜郭の形のジンギスカン鍋)

函館の街に咲いた一輪の華。  蟻の火ふき

蟻の火ふき(五稜郭の形のジンギスカン鍋)

第57回函館圏優良土産品推奨会にて、最高賞の函館市長賞を受賞!!!

 

函館市五稜郭をデザインしたジンギスカン鍋です。

 

上空から眺めた五稜郭はまるで桔梗の花の様に美しく存在感があります。桔梗の花は別名-蟻の火ふき-と言われていました。(蟻が桔梗の花に誘われ花を食した途端、火を吹いた様に花の色が紫から赤へと変化する様です。)

こちらの鍋は塗料など一切使用しておりません。当社オリジナルオールドフィニッシュ(表面処理仕上げ)加工で何年も使い込んだ鍋の様な状態で仕上げてあります。肉が直接鉄に触れるのでダイレクトに鉄分の補給が出来、安心して食することが出来ます。

 

鍋の表面は滑らかにするのではなく小さな凹凸を施し、余分な油を落とす事でお肉の風味を逃さず旨味をギュッと閉じ込めてくれる焼き加減は鋳物ならではのものです。本当に美味しく焼け、使う毎に油がなじんでいく鍋です。

 

食後のお手入れはワイルドに金だわしでゴシゴシ落とし火にかけ水分を飛ばした後食用油を薄く引いて下さい。是非、ご家庭に一輪の華を咲かせませんか!ご贈答用にもお勧め致します。

 

サイズ  : 34cm×32cm×高さ5cm
重さ   : 約4㎏

サイズ: 34cm×32cm×高さ5cm  重さ : 約4㎏
¥7,700
カートに追加
  • 残りわずか
オンラインショップ
オンラインショップ

ホームページ

 

TEL  :  0138-55-1002

FAX  :  0138-32‐7882

E-mail 

   uenoyamagicou@yahoo.co.jp

営業時間

    9:00 ~17:00 (月~金)

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

お待ちしております。

 

〒041-0833

  北海道函館市陣川町86-33

お気に入りブログ・HPリンク先

 

明治中期から昭和40年頃まで国鉄の客車や車掌室に使われてきた球形の可愛い石炭ストーブです。

現存する昭和20年代の木型を当時の図面から忠実に修復・再生させ、貴重なオリジナルとして現代によみがえらせました。

 

このストーブは日本最古の鋳物ストーブ発祥の地-函館-で全て製造しております。

 

本体価格ASK